外壁塗装の契約の前に見積もりをたくさんお願いしました

見積もりの作業内容は確認が必要

外壁塗装【工事前に知っておきたい!!】基礎知識

6社に見積もりを依頼してみた : 見積から工務店の方針がわかる : 見積もりの作業内容は確認が必要

塗る場所も業者により外壁や屋根、ベランダだけではなく、シャッターボックスや水切り、玄関ドアや塀、エアコンホースカバーなど、どの部分まで塗ってもらえるのかをしっかりと把握しておかなければならないと感じました。
その他にも屋根の釘が出っ張ってしまっている部分は叩いてコーキングを行ってもらえるのか、目地や窓枠周りはコーキングの打ち替えがあるのか、何回塗るのか、高圧洗浄はどのような内容なのかなど、細かい部分までしっかりと確認をしました。
この6社を検討した結果、私たちは屋根まで登り家の全体を見てくれて、現在どのような状況になっているのかを細かく教えてくれた業者に依頼することにしました。
料金も比較的良心的なお値段であり、細かい部分はサービスで全部塗ってもらえるということだったので依頼に至りました。
外壁塗料は様々なものがありましたが、私達がお願いしたものはシリコンとフッ素の中間にあたるラジカルと呼ばれるものです。
艶があり凹凸の外壁が滑らかな表面となりとても気に入りました。